イキルブログ

イキルのセミリタイア挑戦記

ニートになったイキルが何とか人生を生きていくための学びと成長を発信していきます。偏差値低くても目指せ人生大逆転!

実家暮らしで貯金1000万は超簡単!?30歳までに1000万貯める具体的な方法も紹介!

f:id:ikirunozinsei:20200916185750p:plain

*こんな人に向けた記事です
  • 実家暮らしなのに貯金が貯まらない。
  • 30歳までに1000万円を貯めたいと思っている。

 

最近、実家暮らしの人が多くなってきている気がします。

一昔前では、成人したら一人暮らしをするのが一般的でしたが、最近はそうとも言えなくなってきていますよね?

給料の少なさや、一人暮らしする意味を感じられない人が増えているのが原因でしょう。

私も今現在実家暮らしをしています!

実家暮らしにはたくさんのメリットがあります。

  • お金が貯まりやすい。
  • 家族の近くにいることが出来る。
  • 孤独を感じない。
  • 広い家に住むことが出来る。

このように、沢山のメリットがあります。

中でも、一人暮らしに比べて圧倒的に有利なのが、「貯金のしやすさ」です。

生活費を家族と折半出来るので、生活費の負担が一人暮らしに比べて少なくなります。

 

どのぐらい貯金しやすいかと言うと、実家暮らしなら、1000万円を30歳までに貯金することも十分可能になってきます。

1000万円の貯金だよ?結構スゴイよね!

そこで今回は、実家暮らしで1000万円を30歳までに貯金する具体的な方法を考えてみたので紹介します!

 

 

一人暮らしの30歳の中央値での貯金額は、約5~77万円。

そもそも、一人暮らしの人が30歳までに貯金できる金額はどのぐらいなのでしょうか?

調べてみました。

今回はより現実に即した数値を知りたいので、中央値を見ることにしました。 

 

金融広報金融委員会の調査では、20代・30代のデータは以下の通りになります。

  • 20代:平均106万円(中央値5万円)
  • 30代:平均359万円(中央値77万円)

ちなみに、30歳ジャストの括りでの貯金額のデータは見つかりませんでした。

関連:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]令和頑年調査結果

 
おそらく30歳段階では、5万円から77万円の間ぐらいの貯金額があるのが一般的なようですね。

一人暮らしだと、30歳でも100万円も貯金できてない人が多いみたいですね。

こう見ると、30歳までに1000万円貯金するっていうのがどれだけ現実離れしているかよくわかるね。

一人暮らしでは難易度が非常に高いということが分かって頂けたと思います。

 

実家暮らしで30歳までに1000万貯める具体的な貯金方法!

一人暮らしでは、30歳までに1000万円貯めるのは非常に難しいということは分かって頂けたと思います。

でも、これが実家暮らしとなると話は別です。

仮に新卒(22歳)で就職したとすると、30歳になるまでには、約8年間ある計算になります。

この8年間で1000万円を貯めることができれば良いのです。

これはそう難しい事ではありません。

 

1000万円を8年間で貯めるには、1年あたり、1000万円÷8年間=125万円貯金すれば良いことになります。

125万円÷12か月=月当たり約10万5千円を確保できれば、8年後に1000万円を持っていることが出来ます。

 

例えば現在の手取りが月に20万円ほどあるのなら、具体的には、以下のような配分にすれば確保することができます。

  • 家に入れるお金…月3万円
  • スマホ代・通信費…月1万円
  • 雑費・お小遣い…月4万円
  • 貯金…12万円

合計20万円

実家暮らしで手取りが20万円もあるのなら、こんな感じで楽々月に12万円も貯金に回すことが出来てしまいます!

細かい貯金の方法については以下の記事が参考になると思います。

関連:低収入でも貯金できるコツ!節約法も多数紹介。

 

この調子で30歳までの12か月×8年間=96カ月を過ごせば、1152万円貯金できる計算になります。

お小遣いを4万円も確保しても、余裕で達成できるんだね…!

こんな貯金の仕方は、一人暮らしでは絶対に出来ませんよね(笑)

 

年収がどのくらいあれば、30歳までに1000万貯金できるのか?

では、年収がどのぐらいあれば、30歳までに1000万円を貯金することができるのでしょうか?

先ほどは手取りが20万円という、比較的高めの計算をしたので楽々達成できるという結果になりました。

 

まず、自分が実家で暮らすために必要な費用を計算してみます。

以下は一例です。

  • 家に入れるお金…最低2万円
  • 通信費・スマホ代…1万円
  • お小遣い、雑費…2万円(最低限)

毎月必要な費用:5万円

これが毎月必要な最低限の金額だとしましょう。

これに、1000万円を8年間で割った月10万5千円を足すと、15万5千円となります。

これを手取りで貰える税引き前の給料は、大体月収19万円ぐらいでしょう。

この計算では、ボーナスが無くても問題ないので、19万円×12か月=228万円となります!

家に2万円入れて、お小遣いで2万円確保しても、年収228万円程度あれば30歳までの8年間で1000万円を貯金することが可能です!

 

もし実家暮らしでも、家にお金を入れないツワモノの場合、手取りで月13万5千円、税引き前で17万円程度で十分ということになります。

そうなれば、204万円程度でも1000万円をつくることが可能になります。

収入の殆どを貯金に回せるのは、実家暮らしの強みです!

 

実家暮らしでも、1000万円以上貯金しようと思うなら資産運用が大切

実家暮らしなら、30歳までに1000万円を貯金することは全然可能だという話をしました。

あくまで結婚等はしない前提ですけどね。

ただ、実家暮らしと言えど1000万円以上を貯金しようと思うと、だんだん難易度が上がってきます。

 

そんな時にやるべきことが、資産の運用です。

せっかく貯めた貯金を、ただの預金として口座に置いておくだけというのはとても勿体ないです。

しっかりと運用して、複利の効果で増やすことを意識しましょう。将来的な資産額に天と地ほどの差がきる可能性があります。

最近は素人でもできる投資方法が沢山あるよね!

自分の気に入ったものを積極的にやっていくと良いでしょう。

 

ちなみに私のおすすめは、米国株の配当金狙いの株式投資です。

配当狙いの株式投資とは?
  • 米国株などの株式を分散(したほうがリスクが少ない)して保有することで、長期的な株価の向上に期待しつつ、配当金もきっちり貰うという手法です。

日本でもやっている人がかなり多い手法ですね!

 

株式を沢山保有して、配当金を増やしていけば、セミリタイアやアーリーリタイアという選択肢も見えてきます。

配当金自体は株式を持っているだけで自動的に貰えるので、しっかり保有していれば誰でも貰うことができますよ。

 

おすすめの証券口座↓

関連:【SBIネオモバイル証券】

無料で利用することができて、Tポイントを投資に使うことも出来る優秀な口座です!

 

まとめ:実家暮らしで貯金1000万は超簡単!だけどそれ以上は運用も必要かも。

実家暮らしなら、貯金1000万円は割と簡単に達成できるということが分かりました。

当然無駄遣いをしていてはいつまでたっても貯まりませんが、一人暮らしで貯めるのがが物理的に難しい事と比べると、格段に難易度は低いです。

ただ、それ以上貯めようと思うと、運用も視野に入れる必要が出てきます。

複利の効果の力を借りて、効率よく資産を増やしていけると良いですね!

 

 【関連記事】

www.ikirubrog.com

www.ikirubrog.com

www.ikirubrog.com

www.ikirubrog.com